HOME>自然に囲まれたい
自然に囲まれたい
昔は神との交信の場、今はみかん・野菜畑
ガイドと歩く安徳台の歴史散策
弥生時代にこの一帯を治めていた首長が住んでいた安徳台。
寿永年間、源氏に追われた平家一門が
御年6歳の安徳天皇を奉じてこの地に来られたことで有名です。
歴史に彩られた安徳台にのぼり、
古代の那珂川に思いをはせてみましょう。
さらに現在の安徳台はみかん・野菜畑。
農村ならではの風景も楽しみましょう。
グラスハウスの中は里山の小宇宙
山野草で楽しむテラリウム
日頃目にとまらない道ばたの小さな植物たち。
目を凝らして見ると那珂川町南畑のグラス工房の周りには、
1年、2年ものの紅葉やヤブコウジ、スミレ他様々な山野草がささやかに成長しています。
それらを愛でながら、グラスハウスに植え替えてみましょう。
そこにあなただけの里山の小宇宙が生まれます。
自宅に持ち帰り、ほっこりと癒されてください。
土に親しみ風と緑を感じる
寄せ植え鉢作りと山野草散策
町内後野地区の山間部にたたずむ陶房夢幻・ギャラリー樂には、
日々、様々な人々が訪れます。
陶芸をたしなむ人もいますが、
那珂川の自然、空気、季節を感じたいという人も多いそう。
萬野さんの陶芸体験は、少人数でじっくり。
はじめての方でも、土とたわむれ、親しみながら、
自分のペースで作品作りができます。
今回作るのは寄せ植え鉢。10 月29 日は造形を行い、
次に焼き上がりを取りに行く時には、工房の周...
子どもの頃に山で遊んだことの素晴らしさが、大人になってじわじわくる。
だからこそ、今、ちょっと行けば大自然の那珂川町で、子どもたちと遊びたい。
フィールドは、町民なら小さい頃から親しんでいる「グリーンピアなかがわ」。
ネイチャーゲームを楽しみながら、高低差200mのハイキングを楽しみます。
子どもたちも一緒に小さな山歩きを楽しみましょう。
那珂川町が舞台の自主映画がクランクイン!
映画のラストシーンに出演しよう
那珂川町を拠点に映画の上映、製作、宣伝を行う Cinema tocoro の森重裕喬が初めてメガホンを取り、那珂川町を舞台にした自主映画を製作中。
映画は、小さな運送業を営む32 歳の主人公、長谷川涼が
トラックに乗って町を彷徨うロードムービー。
女友達の突然の失踪を機に、不可解な言葉を残して3 年前に逝った祖父の死と否応なく向き合うことになる涼。
謎に追いたてられるようにして町を彷徨いながら、去...
子どもは泥んこ遊びが大好き。そして遊びの天才です。
いつでもどこでも、楽しみながら生きることを学んでいきます。
「体験」ではなく、「体感」としたのは、子どもたちに、
那珂川町の自然、風、土、水、光にふれて、感じてほしいから。
里山の自然の中を散歩したり、粘土と自由にたわむれながら、
子どもたちの感性を引き出すお手伝いをします。
泥んこの中から何が出てくるか?楽しみに見守ってください。
地元農産物のお土産つき
現人神社、伝統の流鏑馬ガイド
わが国でも最も古い神社のひとつ、現人神社は、
航海の神、水の神として崇められてきました。
10月第3日曜日の例大祭には、古式にのっとった
勇壮な流鏑馬(やぶさめ)や奉納相撲が行われます。
この神事を地元を知り尽くした歴史ガイドとともに見学してみませんか?
地元農産物のお土産もお楽しみに。
マラソン+ピクニックでマラニック。
それは順位やタイムを競わず楽しむ新しいマラソンのカタチです。
コースは決められていますが、景色を楽しんだり、食べ歩きをしたり、
ピクニック気分で楽しめるのが魅力。
今回はなかがわAC(アスリートクラブ)と、
那珂川町商工会の全面協力により、
町内の史跡、名所、自然、文化施設、グルメを
のんびりマラニックで楽しんでいただきます。
ランニング、マラソン初心者も大歓迎...
インストラクターに基礎から学べる
大人のための登山入門
健康のために、新しい趣味として…。
山登りをやってみたい人が増えています。
まずは、気軽に低い山からはじめてみませんか?
登山の装備やウエア、靴の選び方、ストレッチや、
登山の心得などをわかりやすく伝授。
なかがわAC(アスリートクラブ)のインストラクターと一緒に登ります。
はじめての山登り、那珂川町からはじめてみませんか?
南畑の香りってどんなの?
初めてのアロマ蒸留体験
那珂川町の中でも緑がいっぱいの田園地帯、南畑地区で採取した植物を使って、希少なアロマオイルの抽出を行います。
アロマテラピストの講師からアロマオイルの効能のレクチャーも。
お土産として、ヒノキをベースとして抽出したアロマオイルをスプレーにして持ち帰ることが出来ます。
どんな香りが生まれるか、どうぞお楽しみに。
交通アクセス 車で移動の方 公共交通機関での移動の方 他県からお越しの方
PAGE TOP